本文へ移動

IPMについて

「IPM」とはIntegrated Pest Managementの頭文字をとった略語であり、「総合防御」や「総合的に有害生物を管理する」というような意味になります。
「総合」とは、環境へ悪影響を及ぼす可能性のある、薬品に頼り切った害虫対策だけでなく、いくつかの有害生物対策を組み合わせて行うという事です。

有害生物対策

環境的対策

有害生物が生息しにくい環境に整える。

物理的対策

 
 
 
 
 
ネットや機械などで有害生物をつきにくくする。

科学的対策

効果的な薬品を使って死滅させる。

生物的対策

有害生物の天敵をもって駆除する。
これらの対策を組み合わせる事で薬品による対策のコストや手間を省くだけでなく、自然環境の汚染を防ぐ事ができます。しかしIPMは問題を解決する為にどこまで注力するのか、などの緻密な計画やこまめな経過観察、または有害生物習性など幅広い知識と経験が必要になります。効果のあるIPMには豊富な知識と技術が必須となる為専門家でないと少々難しい対策といえます。
 
お問い合わせはこちら
専門家である私たちにお気軽にお問合せください。
 
静岡セントラル商事株式会社
〒422-8034
静岡県静岡市駿河区高松1549
TEL.054-236-1654
FAX.054-237-2722
1.害虫駆除
2.ネズミ駆除
3.その他
TOPへ戻る